2010年04月08日

散弾銃を不法所持、店内に飾っていた喫茶店マスターを逮捕 大阪府警(産経新聞)

 散弾銃1丁を無許可で所持していたとして、大阪府警保安課と泉佐野署は7日、銃刀法違反の疑いで、泉佐野市日根野、喫茶店「シャムロック」経営、仲谷信義容疑者(58)を逮捕した。府警によると、仲谷容疑者は散弾銃を喫茶店の壁に飾っていたといい、「銃は4年ほど前に客からタダでもらった。小さいころから西部劇が好きで、店の雰囲気に合うと思った」などと供述し、容疑を認めている。

 逮捕容疑は7日午前7時25分ごろ、府公安委員会の許可を受けずに散弾銃1丁(全長約130センチ)を所持していたとしている。

 府警によると、仲谷容疑者は客に対して「この銃は本物」「警察にばれたら懲役ですわ」などと話していたという。府警は散弾銃以外にも散弾銃用の実包3発やライフル、空気銃各1丁を押収しており、入手経路を調べるとともに鑑定を進める。

【関連記事】
銃乱射の女性助教、過去に複数の事件関与
警部補、誤って散弾銃暴発させる 岡山
大阪・発砲男、妻かくまう義母に殺意 昨年6月に猟銃所持の許可更新
怒ると口癖「撃ったろか」 発砲3人殺害、容疑者はベテラン狩猟家
猟銃が暴発か、男性死亡 新潟・五泉 
「中国内陸部の資源事情とは…?」

<遣唐使船>中国で進水式 角川財団が上海万博にあわせ建造(毎日新聞)
加藤清正が空港に登場=熊本〔地域〕(時事通信)
麻薬密輸罪の日本人、中国で死刑執行へ(読売新聞)
下地氏から首相に琉球の書 普天間決断促す(産経新聞)
【ゆうゆうLife】自分で立てるケアプラン(産経新聞)
posted by novbzfsqis at 11:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。