2010年04月05日

警官が覚せい剤飲ませる?同席女性から陽性反応(読売新聞)

 大阪市内の飲食店で3月中旬、同市内の警察署の男性巡査長(28)と一緒に酒を飲むなどしていて、意識もうろうとなった20歳代の女性の尿から覚せい剤反応が出たことがわかった。

 女性は「巡査長が飲み物に混ぜたのではないか」と主張。巡査長は混入を否定したが、府警は、覚せい剤が検出された事実を重視、巡査長の自宅を覚せい剤取締法違反(使用)容疑で捜索するなど詳しく調べている。

 捜査関係者によると、女性は3月中旬の夜、交際相手である巡査長とパブにいたところ、体調が急変。そのまま帰宅したが、数日後に被害申告し、府警の尿検査で陽性と判明した。これを受け、府警は巡査長を調べたが、尿、毛髪ともに陰性で、巡査長は関与を否定。自宅から薬物は見つからなかったという。

関東沿岸、2日未明から強風警戒…気象庁(読売新聞)
3千万ドルの追加支援表明 岡田氏、ハイチ支援国会合で(産経新聞)
普天間、県内2案を米に提示へ=基地機能5割超を県外移転−政府(時事通信)
授業料返還、大学側逆転勝訴=推薦入試で入学辞退−最高裁(時事通信)
よど号事件40年 元赤軍派「結果的に間違い」(産経新聞)
posted by novbzfsqis at 12:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。