2010年01月25日

参院選への影響を懸念=小沢氏団体の事件で−古賀連合会長(時事通信)

 連合の古賀伸明会長は21日の記者会見で、小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体をめぐる事件が夏の参院選に与える影響について、「(内閣支持率が急落するなどの)世論調査の結果が出ており、これがずっと続けば、影響があることは間違いない」と懸念を表明した。
 古賀会長はまた、「(東京地検特捜部の事情聴取に)小沢幹事長が応じるとされ、いろいろな事実や表に出ていないことが明らかになることで、世論がどうなるのか。今は見守るしかない」と指摘。ただ、小沢氏の進退に関しては「コメントする立場にない」と述べるにとどめた。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

石川議員の同期、「逮捕を考える会」結成(読売新聞)
足利事件 テープ再生 「虚偽自白」生々しく(産経新聞)
<奈良・不明住職>万引き容疑で逮捕 福島のスーパーで(毎日新聞)
寺に強盗、200万奪う=住職ら電気コードで緊縛−京都(時事通信)
巨大祭祀施設の塀跡出土 御所市の秋津遺跡(産経新聞)
posted by novbzfsqis at 16:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<八ッ場ダム>国交相、初の住民と意見交換 (毎日新聞)

 前原誠司国土交通相と八ッ場ダム(群馬県長野原町)の地元住民との初の意見交換会が24日、同町内の体育館で行われた。前原国交相は建設中止方針を改めて謝罪。そのうえで厳しい国家財政などを挙げ、今夏にまとまるダム検証の新基準で検証しても「皆さん方のお気持ちにお応えすることはできない可能性がある」と述べ、中止を前提とした生活再建策の話し合いを求めた。住民はダム本体の建設を求め、意見交換は平行線に終わった。

 意見交換会には水没予定5地区の住民138人が出席。5地区が人選した住民12人が前原国交相に対し、「説明もなく中止と発言するのは独裁者の発言」「あとわずかで完成する時に中止との発言は横暴。我々はダム問題ではなく政治に翻弄(ほんろう)されている」などと意見を表明した。

 さらに、「(小沢一郎・民主党幹事長の地元の)胆沢ダム(岩手県)はなぜ事業が継続でき、八ッ場は本体中止の判断を下したのか」などの疑問の声も出されたが、前原国交相は2ダムの違いは本体着工の有無だとして「政治的配慮は全くありません」と説明した。

 意見交換後、前原国交相は「これが第一歩」と、話し合いを継続する考えを示しつつ、「予断なく検証していくが、マニフェストの中止の方向性は変わっていない。ダム中止を前提とした生活再建の話も一日でも早くやらせていただきたい」と述べた。【石原聖】

郵便局で500万奪い逃走=局員に刃物突き付け−東京・江戸川(時事通信)
水俣病、東京でも提訴へ=国など相手に2月にも−患者団体(時事通信)
政府、ハイチに援助隊派遣決定(産経新聞)
<柳楽優弥さん>豊田エリーさんと挙式(毎日新聞)
火災 桑田真澄さんの父が死亡 浜松で住宅全焼(毎日新聞)
posted by novbzfsqis at 01:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。