2010年01月12日

雑記帳 出た! 山口の穴場で年末ジャンボ1等2本(毎日新聞)

 山口県宇部市の宝くじ売り場・宇部琴芝チャンスセンターで、年末ジャンボの1等2億円2本、前後賞5000万円4本が出た。人口18万人の街は「一体誰が」と大騒ぎだ。

 1等は全国で63本だったが、中国地方は他に鳥取の1本のみで100万都市を抱える広島はゼロ。福岡でも3本。みずほ銀行も「地方の売り場で1等の複数当選は珍しい」。

 この売り場は10年前にも1等が出た“穴場”。業界全体で苦戦が続く、お隣のデパート、宇部井筒屋は「呼び水となってお客さんが増えるかも」と、幸運のおすそ分けを大いに期待。【後藤俊介】

【関連ニュース】
伏見稲荷:さい銭開き 集計5日がかり
宝くじ:早朝から列 「年末ジャンボ」全国で一斉発売
質問なるほドリ:年末ジャンボ宝くじの仕組みは?=回答・石川貴教
福岡タワー:巨大な絵馬に人気 /福岡
岐阜ファミリーパーク:大型複合遊具、市が11種設置へ /岐阜

ギリシャ料理と日本料理
万里の頂上
アフィリエイト ホームページ
クレジットカード現金化
ショッピング枠現金化
posted by novbzfsqis at 23:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最新29機種ドコモ携帯、個人情報流出の恐れ(読売新聞)

 NTTドコモの携帯電話のうち、インターネット閲覧ソフト「iモードブラウザ2・0」を搭載した最新29機種を通じて、利用者の個人情報を不正取得される恐れのあることが、専門家の指摘で明らかになった。

 同社は携帯サイトの運営者にパスワード認証などの安全対策を呼びかけている。携帯電話の機能が高機能化するにつれ、こうした危険は増しており、利用者も注意が必要になってきた。

 該当機種は、昨年5月以降に発表されたプロシリーズやスタイルシリーズなど。iモードブラウザ2・0は、ジャバスクリプトと呼ばれる機能が組み込まれており、携帯用のインターネットサイトと自動で情報をやりとりできる。

 悪意ある携帯用サイトは、接続してきた利用者の携帯のジャバスクリプトを使って、利用者が会員になっている別のサイトに一瞬だけ接続させることができる。その時、この会員サイトに利用者の住所など個人データが登録されていると、盗み出されてしまう。情報通信機器の安全管理を手がける「HASHコンサルティング」(横浜市)が、こうした悪用が起きうることを、実験で確かめた。被害はまだ確認されていない。

 ドコモを含む各社の携帯電話には、1台ごとに割り当てられた「利用者ID」だけで携帯用サイトに認証され、手動入力を省略できる機能がある。今回判明した危険は、この機能にジャバスクリプトが加わることで生まれた。会員サイトが利用者IDに頼らず、パスワードの確認入力を求めれば、悪用を防げる。利用者側も、パスワード確認を求めないサイトなどには、個人情報を気軽に書き込まないよう注意が大切だ。

 NTTドコモでは、公式サイトを運営する約3000社には注意喚起したが、それ以外の無数にある「勝手サイト」には「ジャバスクリプトの安全な利用はサイトを作る側にとって基本的知識であり、具体的に説明はしていない」という。

 産業技術総合研究所情報セキュリティ研究センターの高木浩光主任研究員は、「利用者IDがあらゆる携帯サイトに自動で送られ、認証に使われる仕組みは問題だ」と指摘している。

ひとしのブログ
FMリスナー
2ショットチャット
ショッピング枠現金化
クレジットカードのショッピング枠を現金化 
posted by novbzfsqis at 19:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。